浄土宗の成立と展開 - 伊藤唯真

伊藤唯真 浄土宗の成立と展開

Add: qiwuni84 - Date: 2020-12-08 16:53:35 - Views: 4479 - Clicks: 4170

伊藤唯真編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 名著出版, 1986. 10 形態: iii, 433p ; 22cm 著者名: 伊藤, 唯真(1931-) シリーズ名: 仏教民俗学大系 ; 6 書誌ID: BNISBN: 浄土宗の成立と展開 Format: Book Responsibility: 伊藤唯真著 Language: Japanese Published: 東京 : 吉川弘文館, 1981. 著者 伊藤唯真 出版社 吉川弘文館; 刊行年 1981; 冊数 1; 解説. 伊藤, 唯真(1931-) シリーズ名: 仏教民俗学大系 ; 6 . 伊藤 唯真(いとう ゆいしん、別表記:伊藤 唯眞、1931年(昭和6年)3月14日 - )は、日本の仏教学者、浄土宗 僧侶(浄土門主・総本山 知恩院第88世門跡)、佛教大学名誉教授。 人物. 浄土宗の成立と展開 ¥1,650.

内容:飛鳥高松塚古墳と薬師寺(網干善教) 明治初期における知恩院の教学振興(井川定慶) 〈放生〉考 奈良仏教一面(池見澄隆) 浄土宗の成立過程(伊藤唯真) 中世浄土宗寺院の一考察 特に美濃立政寺文書を中心に(宇高良哲) 随・斐矩撰「西域図記」遺文纂考(内田. 証空の開いた西山派では、自力の諸行では往生できず、 まったく他力によって救われるとしています。 ところが、まったく他力というもの、人間には仏性があり、その仏性を主体として、願生心をおこして阿弥陀如来のお力で救われるといいます。 これを「領解(りょうげ)」とか「安心(あんじん)」といいます。 浄土宗の成立と展開 - 伊藤唯真 安心や領解が起きれば、諸行を念仏の中におさめて、諸善は往生の為になるといいますので、 「諸行を生け捕りにした」 と言われています。 このように、自分で願生心をおこす所や、救われた後に自分でやる善が往生のためになるところは、やはり自力が混じり込んでいます。 このように、自分の心と口と身体の行いが、救われるのに役立つとするのは、諸行往生といい、 阿弥陀仏の本願にかなわないため、 自力では真実の浄土往生はできません。. 藤井, 正雄(1934-) 雄山閣出版. 99ポイント(1%) 本日、11.

7 図書 浄土宗. 伊藤唯真 編『浄土の聖者 空也』吉川弘文館、年。 isbn。 浄土真宗教学伝道研究センター 編『浄土真宗聖典』七祖篇(原典版)、本願寺出版社、1992年。 isbn。 多屋頼俊、横超慧日・舟橋一哉 編『仏教学辞典』法藏館、1995年、新版。. 伊藤唯真猊下におかれましては、ご多忙のとこ いたしたく存じます。る『浄土宗の成立と展開』について、お話しをお伺いを中心とした研究をまとめられ上梓された御著書であげます。本日は猊下が法然上人による浄土宗開宗前後ろ貴重なお時間を頂戴. 浄土宗開創期の研究: 香月乗光編: 昭47: 27,500円: 3647: 浄土宗の成立と展開: 伊藤唯真: 昭56: 5,500円: 3648: 近世浄土宗史の研究: 宇高良哲: 平27: 14,300円: 3649: 近世浄土宗史料集: 宇高良哲編: 平31: 11,000円: 3650: 近世浄土宗の信仰と教化: 長谷川匡俊: 昭63: 16,500円: 3651. 『浄土宗の成立と展開 日本宗教史研究叢書』 吉川弘文館、1981年(文学博士論文) 『仏教と民俗宗教 日本仏教民俗論』 国書刊行会、1984年 『聖仏教史の研究 上.下 伊藤唯真著作集1.2巻』 法蔵館、1995年. 浄土宗も、浄土真宗も、共通しているのは、 阿弥陀仏の本願の救いを求めることです。 なぜなら、お釈迦さま自身も含めて、 阿弥陀仏のお弟子である、大日如来や薬師如来のような諸仏には、 自力で修行のできる、過去世から修行をしてきたすぐれた人でなければ 助ける力がないとお釈迦さまが説かれているからです。 私たちのような欲や怒りや愚痴の煩悩に満ちた者は、 罪が重すぎて浮かばせることができないのです。 ちょうど、海で溺れている人が、 浮かばせる力のない浮きにすがったら、 浮きも一緒にどんどん沈んで行くようなものです。 そこで、私たちを助ける力のある 諸仏の王である阿弥陀如来に助けてもらおうとするのが、 浄土宗の共通するところです。 このように、阿弥陀仏の本願の救いを求めるのは共通しているのですが、 その阿弥陀仏の本願の信じ方が違います。 一体どのように違うのでしょうか?. 本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。. 法然上人の教え||ホウネン ショウニン ノ オシエ ; 2.

OD版 浄土宗の成立と展開 (日本宗教史研究叢書) 伊藤唯真著 笠原一男監修/吉川弘文館 /10出版 isbn:ndc:188. 6 Description: 12, 367, 13p, 図版1枚 ; 22cm Authors: 伊藤, 唯真(1931-) Series: 日本宗教史研究叢書 / 笠原一男監修 Catalog. 浄土宗の本尊は、阿弥陀如来の木像や絵像ですが、 浄土真宗は南無阿弥陀仏の名号のみを本尊とします。 (この違いを分かりやすく、浄土真宗の8代目、蓮如上人は、 「他流には「名号よりは絵像、絵像よりは木像」というなり。 当流には「木像よりは絵像、絵像よりは名号」というなり」 と言われています) また、西山派では、本尊は阿弥陀如来ですが、さらに、寺院では何かのご縁で阿弥陀如来以外の仏や菩薩を本尊としてもさしつかえないとしています。. ltoh, The Origins and the Development of Johdo-shu: 著者: 平, 雅行 : 著者名の別形: Taira, Masayuki: 発行日: 1-Jan-1982: 出版者: 史学研究会 (京都大学文学部内) 誌名: 史林 = THE SHIRIN or the JOURNAL OF HISTORY: 巻. 『伊藤唯真著作集 (4)』(伊藤唯真) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は、法蔵館から1996年2月20日発売の本です。. 伊藤, 唯真(1931-), 玉山, 成元(1932-) 吉川弘文館. 6 形態: 12, 367, 13p, 図版1枚 ; 22cm 著者名: 伊藤, 唯真(1931-) シリーズ名: 日本宗教史研究叢書 / 笠原一男監修 書誌ID: BN00340004.

62 税込&92;14,300 オンデマンド出版物. 著者 伊藤唯真/著 笠原一男/監修 ; 出版社 吉川弘文館; 刊行年 昭和56年; 解説 a5判 函付 367頁 函に若干日焼け 本体経年良 開創期浄土宗研究への視角・法然の立宗と比叡下山・法然の回心と「浄土宗」の開立・遊蓮房円照と法然の下山・法然の思想進展と浄土宗の発達・「一枚起請文」への. 阿弥陀仏は本願に、このようにお約束されています。 「どんな人も私の与える信心を獲て念仏を称える者が、 もし真実の浄土へ往生できぬことがあれば、私は仏の座を捨てよう」 ところが弁長の浄土宗鎮西派では、 まったく阿弥陀仏のお力だけで助けてもらえるということはありえないだろうと疑って、念仏を称えた功徳によって往生を願います。 阿弥陀仏に助けてくださいと祈願して、 一日5万回6万回と念仏を称えることによって、 信心決定し、臨終に阿弥陀如来の来迎にあって、 極楽浄土へ往き、正定聚の菩薩に生まれます。 「正定聚」とは仏になるに定まった人ということです。 ただし、この世でどれだけ念仏を称えたかによって、 どんな極楽浄土に生まれるかは差別があります。 さらに、阿弥陀仏の本願にお約束された行ではない 念仏以外の諸善も、諸仏に共通の本願なので、浄土往生できる教えます。 そして、戒律もあります。 このように、鎮西派の教えには、自力の諸善や自力の念仏が混じりこみ、 他力念仏のみを勧められた法然上人の教えとは大きく異なります。. 3 浄土宗現代法話大系 第8巻. See full list on wpedia. 浄土宗 : 日蓮宗寺院の歴史と伝承 佐藤博信 / 山喜房佛書林 /10 ¥3,800: OD版 浄土宗の成立と展開 伊藤唯真著 / 吉川弘文館 /10 ¥13,000: OD版 時宗の成立と展開 大橋俊雄著 / 吉川弘文館 /10 ¥12,000: 臨終行儀の歴史 高僧往生伝 岸田緑渓 / 湘南社 /10 ¥2,800. 伊藤 唯真(いとう ゆいしん、別表記:伊藤 唯眞、1931年(昭和6年)3月14日 - )は、日本の仏教学者、浄土宗 僧侶(浄土門主・総本山 知恩院第88世門跡)、佛教大学名誉教授。.

なぜ妙好人が浄土真宗から圧倒的にたくさん現れるのかという疑問の答えは、浄土宗には自力がまじりますが、浄土真宗は、純粋な他力だからです。 そのことを浄土真宗の8代目の蓮如上人は、こう教えられています。 「されば自余の浄土宗はもろもろの雑行を許す。 わが聖人は雑行をえらびたまう。 この故に真実報土の往生を遂ぐるなり。 この謂あるが故に別して真の字を入れたまうなり」(御文章) 「雑行」というのは、ここでは自力のことです。 「自余の浄土宗はもろもろの雑行を許す」というのは、浄土真宗以外の浄土宗は、自力を許すということです。 「わが聖人は雑行をえらびたまう」というのは、親鸞聖人は、自力を捨てよと厳しく教えられるということです。 「真実報土の往生」というのは、本当の極楽往生のことですが、自力では本当の極楽には往生できません。 自力を捨てるから、生きている時に阿弥陀仏に救われ、死ぬと同時に、極楽へ往って仏に生まれるのです。 このように、本当に救われるのが浄土真宗だから、浄土宗に真の字を入れて、浄土真宗といわれるのだ、と教えられています。 ではどうすれば、生きているときに苦悩の根元を断ち切られて、 阿弥陀仏に救われ、死んで極楽へ往けるのかについては、 仏教の真髄ですので、小冊子とメール講座にまとめておきました。 ぜひ読んでみてください。. See full list on true-buddhism. 浄土宗の成立と展開: Author: 伊藤唯真: Publisher: 吉川弘文館, 1981: Original from: the University of Virginia:. タイトル: 浄土宗史: 著者: 成田俊治, 伊藤唯真, 平祐史 著: 出版地: 京都: 出版社: 浄土宗: 出版年月日等: 1965. 伊藤, 唯真(1931-).

浄土宗の成立と展開: 著者: 伊藤唯真: 出版社: 吉川弘文館, 1981: 書籍の提供元: バージニア大学: デジタル化された日: 年7月31日: ページ数: 392 ページ : 引用のエクスポート: BiBTeX EndNote RefMan. 伊藤 唯真『浄土宗の成立と展開 (1981年)』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. od>浄土宗の成立と展開 (日本宗教史研究叢書). 4 図書 浄土宗の成立と展開. 浄土宗の成立と展開 フォーマット: 図書 責任表示: 伊藤唯真著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館, 1981. 滋賀県 甲賀郡(現:湖南市)石部町に生まれる。.

まず、法然上人は、 「浄土門に入らんとおもわば、正雑二行のなかに、しばらくもろもろの雑行をなげすてて、えらんで正行に帰すべし」(選択本願念仏集) と教えられています。 浄土門に入るには、雑行をすてて、正行に帰しなければなりません。 「正行」とは、阿弥陀如来に向かっての正しい行を正行といいます。 「雑行」というのは、ここではそれ以外の行をいいます。 ですから、御本尊は阿弥陀如来ではない仏や菩薩はなげすてなければならないのに、さしつかえないとなると、浄土門とは言えません。 まず大前提として、阿弥陀如来に助けて頂くのが浄土門であり、浄土宗です。 では法然上人は、阿弥陀如来をどのように信じなさいと教えられているでしょうか。 まず自力というのはどういうことかというと『和語燈』にはこう教えられています。 「自力というは我が力を励みて往生を求むるなり。他力というは唯仏の力をたのみ奉るなり」(和語燈) 自分の力を励んで助かろうとするのは自力といいます。 他力というのは、ただ仏の力をたよりにすることです。 唯というのは、二つも三つもない、唯一つということで、仏の力だけに打ち任せるということです。 そして、このように教えられています。 「我らが往生はゆめゆめ我が身の善悪には依り候まじ。偏に仏の御力計にて候べきなり」(和語燈) 往生は自分の善悪には決してよらず、まったく阿弥陀仏の御力だけによる、ということです。 また、こうもいわれています。 「我が力にて生死を離れん事、励み難くして、偏に他力の弥陀の本願をたのむなり」 自分の力で生死を離れることはできないから、ひとえに阿弥陀如来の本願他力によれ、と教えられています。 救われるのは100%阿弥陀仏のお力である、ということです。 念仏についてはこう教えられています。 「他力の念仏は往生すべし。自力の念仏は全く往生すべからず」(和語燈) 他力の念仏は助かるけれど、自分の力が往生のためになると思って称える念仏では、助からないということです。 このように、法然上人は、自力では助からないと教えられているので、現在残っている宗派で、法然上人の教えを正しく継承し、自力をすてて他力に帰せよと教えられるのは、浄土真宗となります。 それで歴史上、自力を徹底的に捨てよと教えられる浄土真宗では、 僧侶以外でも、たくさんの在家の人が阿弥陀仏に救われてきました。. ジョウドシュウ ノ セイリツ ト テンカイ. 伊藤唯真著作集 3 仏教民俗の研究: 法蔵館: 平7: 14,410円: 3712: 伊藤唯真著作集 4 浄土宗史の研究: 法蔵館: 平7: 14,410円: 3713: 宗教民俗論の展開と課題: 伊藤唯真編: 浄土宗の成立と展開 - 伊藤唯真 平14: 13,200円: 3714: 出雲宗要: 桑門秀我: 昭10: 8,800円: 3715: 涅槃経と浄土教 仏の願力と成仏の信: 横超.

書 評 書 評 伊藤唯真著 『浄土宗の成立と展開』 平 雅 行 体的構図を描いてみせたものである。既発蓑論文がほとんどだが又聖という「基層仏教」から法然という「表層仏教」に至る全角から浄土宗の成立・展開過程の全貌を明らかにしたものであり、えた堅実な成果を瞬けにされてきた伊藤氏. 浄土宗の成立と展開 (日本宗教史研究叢書)/伊藤 唯真(哲学・思想・宗教・心理)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。. 伊藤唯真著『浄土宗の成立と展開』 その他のタイトル: Y. 親鸞の浄土真宗ではどうかというと、 阿弥陀仏のお約束を疑いなく信じ、 生きているときに苦悩の根元を断ち切られて、 生きているときに、この世で正定聚の菩薩になります。 これが大安心、大満足の絶対の幸福です。 そして、死ねば極楽浄土へ往って仏に生まれます。 報土往生です。 そのため、真の浄土宗であるということで、 浄土真宗といわれます。 このように、浄土宗と浄土真宗の一番大きな違いは、自力がまじるのか、まったく他力なのかという所にあります。 それによってその他の色々な違いが出てきますし、一番重要な救われるかどうかも変わります。 では、どの宗派が正しく教えを継承しているのか、法然上人に判定して頂きましょう。.

浄土宗では、臨終行儀を行いますが、 浄土真宗では、臨終行儀を行いません。 なぜこのような違いが出てくるのでしょうか?. 年に、京都市にある浄土宗大本山清浄華院法主に就任した。年9月に浄土門主坪井俊映の遷化(死去)に伴い、同年10月に知恩院内にある浄土宗務庁「浄土門主推戴委員会」で、満場一致で浄土門主(兼知恩院門跡)に推戴された。宗祖法然上人八百年大遠忌を目前に控える時期で、早期での就任確定となった。なお後任の清浄華院法主は、大正大学元学長の真野龍海が翌11年1月14日に就任した。 11月に就任会見の中で、「無縁社会といわれるような、家族、地域においても縁のない人々が増えているという変化が現れている。八百年遠忌を機縁として念仏の水源である知恩院を中心に、教化集団として蘇りつつあることをもって、家庭の崩壊、地縁の結束のゆるみを再び取り返さねばならない。血縁、地縁に寺の縁、仏法の縁、私たちでいうなら念仏の縁を加えることによって、世の中が穏やかに進んでいくことを念願している。(中略)八百年大遠忌の意義は寺の縁、念仏の縁、法縁をもって血縁や地縁の崩壊を防いでいくこと、また復活させていくことによって、無縁社会をお互いが助け合い、真に喜べる社会に変えていくことにある。」と述べ、社会への働きかけに法然上人の御教えが、新たな役割を果たしたいと抱負を述べた。. 『法然の世紀』(浄土宗選書) 『伊藤唯眞著作集』4巻(法蔵館) 『日本人と民俗信仰』(法蔵館)その他多数 〈表彰〉 自著『浄土宗の成立と展開』で第13回浄土宗学術賞を受賞 大島理森文部大臣より文化財保護功労者表彰を受ける。. 同朋舎出版 1997. 浄土宗大年表 浄土宗の成立と展開 責任表示:: 伊藤, 唯真(1931-) 出版事項: (1981) 大日本年表 責任表示:: 辻, 善之助出版事項: (1941). od>浄土宗の成立と展開 - 伊藤唯真 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 2 図書 浄土宗の成立と展開. 伊藤唯真著 (日本宗教史研究叢書) 吉川弘文館, 1981.

浄土宗には、出家仏教の伝統があり、戒律もあります。 浄土真宗は、親鸞聖人の肉食妻帯により、 出家しなくても救われることを明らかにされ、 戒律も出家もありません。. 伊藤唯真『浄土宗の成立と展開』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

浄土宗の成立と展開 - 伊藤唯真

email: bawipon@gmail.com - phone:(987) 167-4597 x 9691

銀のエンゼル - 鈴井貴之 - 五木寛之 メルセデスの伝説

-> 姉崎正治集 樗牛嘲風往復集 第4巻 - 姉崎正治
-> 続々・交通事故鑑定の嘘と真 - 林洋

浄土宗の成立と展開 - 伊藤唯真 - 樹川さとみ 時の竜と水の指環


Sitemap 1

木戸の口封じ 大江戸番太郎事件帳18 - 喜安幸夫 - 基本英語表現法 田本健一